目的別クレンジングの比較

subpage-img

オイルタイプやリキッドタイプなど、今日では様々なクレンジング剤が流通しています。しかし、種類が多すぎてどれを選べばいいのかわかりにくいのも事実です。それぞれの特徴を比較することで、自分に合ったものを見つけましょう。

オイルタイプは、最もメイクの落ちやすい強力なクレンジングです。

ファンデーションなどの化粧品は油性なので、オイルの油でメイクを溶かして流すのが特徴です。

濡れた手で使えるものもありますが、乾いた手で使った方が洗浄力は高くなります。

メイクを落とした後に洗顔料でダブル洗顔をするのが必要なものもあります。

ウォータープルーフなどのしっかりメイクをした日におすすめします。

現時点で最高のクレンジングの比較をしたいと言う願いにお答えするサイトです。

ミルクタイプは反対に、最も洗浄力が弱く、肌に優しいクレンジングです。


フェイスパウダーやパウダーファンデーション、お湯で落ちるタイプのマスカラやアイライナーなどの軽いメイクしかしていない時は、ミルクタイプを使用して肌への刺激を抑えるとよいでしょう。

goo ニュースに関する耳より情報です。

また、敏感肌の方にもおすすめです。

ジェルタイプのクレンジングは、一口にジェルといっても様々な種類があり、オイルの入っているものと、オイルフリーのものに分類できます。



オイルの入っているものは比較的洗浄力が強く、まつげエクステのグルーは比較的オイルに弱いと言われていますが、オイルの入っていないものは、まつげエクステをしていても使えます。

リキッドクレンジングはコットンにしみこませて使うふき取りタイプのものや、メイク落としシートに採用されています。ふき取りタイプは化粧水成分が入っているものもあり、これはメイクを落としたあと洗顔やスキンケアをせずにそのまま眠っても大丈夫なものです。


忙しいときに重宝します。

top