クレンジングのタイプ別比較を覚えておこう - エイジングケアをするときにはクレンジング選びが重要

クレンジングのタイプ別比較を覚えておこう

subpage-img

ドラッグストアやコンビニなどで手軽に購入することができるクレンジングには、多くの種類があります。
そのため、どれを買ったら良いのか悩むという人も少なくありません。

クレンジングの比較の詳細はこちらで簡単に調べられます。

クレンジングはオイルタイプ、リキッドタイプ、クリームタイプとミルクタイプの、主に4つに分けることができます。
これらは、配合されている油分と水分量を比較することで分類されます。

オイルタイプのクレンジングは、名前の通り油分が多いことが特徴です。

Yahoo!知恵袋を利用してみる価値はありますよ。

それに比較しリキッドタイプは油分がなく、水分量が最も多いという特徴があります。
オイルタイプのクレンジングは油分を利用してメイクを落とします。


この油分を肌から落とすために界面活性剤が配合されます。

これに対してリキッドタイプは油分がないため界面活性剤を配合してメイク汚れを落としていきます。



ですので、オイルタイプもリキッドタイプも洗浄力が強いというメリットがあります。油分と水分がバランス良く配合されているのがクリームタイプです。ある程度の洗浄力をキープしながら、肌への刺激が抑えられているという特徴があります。


そのため、オイルやリキッドタイプと比較して、洗い上がりがマイルドで肌が乾燥しにくいというメリットがあります。

ただし、濡れた手で使えないことが多いので、メイク落としに手間がかかるというデメリットもあります。

ミルクタイプはクリームタイプよりも水分量が多くなります。

そのため、ダブル洗顔が不要になることが多くなります。

top